【重要】東日本大震災により甚大な被害を受けられた医療機関への支援金のお願い
 この度の大震災では、岩手県・宮城県・福島県をはじめとする多くの医療機関が被災し、地域医療に大きな打撃を与えました。特に民間医療機関の被害は甚大であり、自助努力によって復旧できる域をはるかに超えるものであります。
 被災地医療機関の状況はあまり報じられておりませんが、岩手県から福島県の太平洋沿岸に沿って点在していた医療機関の多くが津波の被害を受け、岩手県の気仙郡・釜石市・宮古市、宮城県の石巻市などをはじめとして、多くの地域の医療機関が建物流失や浸水、全壊等の被害を受けております。福島県においては、津波被害に加え、伊達郡・相馬郡・双葉郡などが原発事故による診療制限を受けており、損壊を免れたにも関わらず未だに診療再開の目途も立っておりません。さらに被災地医療をつないだ全国からの支援チームも6月で殆どが撤退を決めた一方、避難所生活者の減少ペースは遅く、盛夏を迎えた被災者への健康管理について危惧されるところであります。
 被災県の住民に対する義捐金につきましては先日お知らせいたしましたように、全額を日赤の方に送る事といたしましたが、岩手、宮城、福島3県の医療機関の被害は甚大であり、改めて、府医では、日医による被災地医師会に対する支援活動に全面的に協力し、会員各位には、相互扶助の精神に則り、医療関係者(会員)を対象とした支援金へのご協力をお願い申し上げます。
 募集要領を下記のとおりご案内申し上げます。

 〔参考:医療機関被災状況〕平成23年6月15日現在 各医師会報告より

                                記

   支援金の受付方法は下記口座へのお振込をお願いします。
   一口1万円以上のご協力を賜りますと幸甚に存じます。

   受付期間 平成23年6月16日(木)から平成23年8月31日(水)まで

   振込口座 京都銀行 本店 普通 5066651
          (社)京都府医師会 支援金口 京都府医師会長 森 洋一

   備  考 1 .京都銀行の協力により,京都銀行本・支店(窓口・ATM)から振込いただきますと,
            振込手数料は無料扱いとなります。他の銀行から振込いただく場合は,誠に恐縮
            ですが,振込手数料は振込人様のご負担となりますので,ご了承お願いいたします。

         2 .本支援金については,現在のところ個人住民税に係る寄付金控除の対象となる寄付
            金取り扱いにはなりません。


                                                                  以上

| カテゴリー:救急・災害関係 | 2011.08.01, Monday 02:14 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2011年08月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー