医療政策懇談会 開催のご案内
医療政策懇談会の参加案内

−村上正泰氏(山形大学大学院医療政策学講座教授)を招聘−
今後のあるべき医療政策、国の行方について

 先般より、京都医報等でお知らせしている通り、府医では、日々の医師会活動の活性化に資するため、医療政策懇談会を開催し、会員の先生方の医療制度への理解を深める一助となるべき機会を設けております。
 去る9月9日に京都大学大学院人間・環境学研究科教授の佐伯啓思氏を招聘し、「岐路にたつ日本-どうしてこうなったのか」と題してご講演いただき、盛会裡に終了いたしました。
 この度新たに、下記日程にて、山形大学大学院医学系研究科生命環境医科学専攻医療政策学講座教授の村上正泰氏をお迎えし、「わが国の国家的危機と医療政策の行方」と題してご講演いただくこととなりましたので、お知らせいたします。
会員の先生方には大変興味深いものになるかと思いますので、是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。なお、講演要旨は下記をご参照ください。
<講演要旨>
なぜこの20年にわたって国家が融解の道をたどり続けてきたのかという観点から、世にはびこってきた「構造改革」論議の陥穽を政策面だけではなく思想的にも振り返りながら、今、再び医療政策の領域でも「新自由主義的」改革復活の兆しが見られる中、今後のあるべき医療政策、更にはこの国の行方を考えていきたい。

    日 時:2月23日(土)講演会:午後5時〜6時30分、懇親会:午後6時30分〜
    場 所:ホテルグランヴィア京都
    講 師:山形大学大学院医学系研究科生命環境医科学専攻医療政策学講座教授
         村上正泰氏
    演 題:「わが国の国家的危機と医療政策の行方」
    参加費:無料
村上 正泰(むらかみ まさやす)氏 ご略歴
1997年、東京大学経済学部卒。大蔵省(現・財務省)入省、カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係・環太平洋地域研究大学院留学、厚生労働省保険局総務課課長補佐などを経て、2006年7月に退官。厚生労働省出向中に医療制度改革に携わり、医療費適正化計画の枠組みづくりを担当。2010年2月より、山形大学大学院医学系研究科生命環境医科学専攻医療政策学講座教授(現職)。
著書に、『医療崩壊の真犯人』、『高齢者医療難民』(共著)など。


  ※参加申し込みは、下記参加申込書(PDF)ファイルをダウンロードいただくか、
   京都医報2月1日号付録「保険だより」の『参加申込書』をご利用の上、FAX
   (075−354−6097)にて京都府医師会保険医療課までお願いいたします。

       「医療政策懇談会」参加申込書(PDF)

続き▽
| カテゴリー:保険医療関係 | 2013.02.04, Monday 11:45 AM |
第10回 京都府医師会 医療安全シンポジウム 開催のお知らせ
第10回 京都府医師会 医療安全シンポジウム

 府医では、府民と医療関係者が、より安全な医療の実現に向けて共に考える場として、年1回、医療安全シンポジウムを開催しております。この度、第10回医療安全シンポジウムを下記のとおり開催いたしますので、医師・看護師・事務職等、職種を問わず多数ご参加ください(本シンポジウムは、一般市民にも公開されておりますので、患者等にも是非、お声掛けください)。申し込みは不要ですので、ご参加いただく場合は、当日、会場へお越しください。

    日 時   平成25年2月17日(日)午後2時〜4時30分
   会 場   京都府医師会館
(JR二条駅東ロータリー南隣)3F310会議室
   メインテーマ  「なぜ、すれ違う 患者の立場 医者の立場
                  〜医療機関の現場より 事例紹介〜」
   協議テーマ案  (1)救急の現場から(2)薬の効果と副作用(3)手術の説明と実際


 病気を治したい」患者と医者の気持ちは同じです。同じ目的のために協力する両者の間で対立が生まれるのは、なぜでしょうか。患者には患者の、医者には医者の言い分があります。今回のシンポジウムでは、医療機関で実際に起こり得る事例を紹介し、それぞれの立場の違いについて、みなさまの意見も伺いながら、考えてみたいと思います。

   演 者   中谷内一也(同志社大学 心理学部 教授)
         松村 由美(京都大学 大学院医学研究科検査部 准教授)
         山口 育子(ささえあい医療人権センターCOML 理事長)
         齋藤 嘉夫(がん患者サロンうずら 世話人)
         橋本 京三(府医 理事)

   座 長  依田 建吾(府医 医療安全対策委員会 委員長)
         澤  美彦(府医 医療安全対策委員会 副委員長)


   定 員  先着300名(入場無料)

   日医生涯教育講座 ?単位2.5単位 ?カリキュラムコード 1.専門職としての使命感、
         3.公平・公正な医療、4.医療倫理、5.医師−患者関係とコミュニケーション、
         8.医療の質と安全

   ※駐車場に限りがございますので、公共交通機関にてお越しください。
   ※本講習会は「医療に係る安全管理のための職員研修」指定講習会です。
     受講された医療機関には修了証を発行します。

      →案内チラシ(PDF)はこちら

| カテゴリー:医療安全 | 2013.02.01, Friday 01:22 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<前月 2013年02月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー