10月7日 地区医師会長・感染症対策担当理事合同会議を開催

 会員の皆様におかれましては、平素より大変お世話になり誠にありがとうございます。

 さて、インフルエンザ流行期における新型コロナウイルスへの対応に備えた診療・検査医療体制について、10月7日(水)に京都府健康福祉部より松村部長、片岡副部長にご参加いただき、地区医師会長・感染症対策担当理事合同会議が開催されました。

 会議は、1)京都府における診療・検査体制について検査方法の追加と注意点など 2)かかりつけ医における「診療・検査医療機関(仮称)」の指定に係る各種要件についての2点を議題に、府医、京都府からの説明について質問を受ける形で進められました。ご多忙の中ご参加いただきました先生方におかれましては誠にありがとうございました。

 会議において、  
・発熱患者はまずかかりつけ医に電話相談する体制を進める

・かかりつけ医を持たない発熱者は※1「新型コロナ相談センター(仮称)」に相談する
 ※1 行政が担ってきた「帰国者・接触者相談センター」が「新型コロナ相談センター(仮称)」として、従来の帰国者・接触者外来を中心に受診可能な医療機関を紹介するなど検査が実施されるよう手配する。

・集合契約に参加する医療機関は、COVID-19検査を鼻腔ぬぐい
液検体による抗原簡易キット(抗原定性検査)または唾液検体によるPCR検査により行う

・鼻腔ぬぐい液検体採取については、患者による自己採取、
医療者による採取が可能であり、いずれの場合も標準予防策として、サージカルマスク+手袋+目の保護を必要とし、医療者が採取する場合は、加えてガウンを装着する

・検査をする場合は疑似症届け出を行う。検査の結果が陽性であった場合は速やかに保健所に連絡し患者の状態を伝える等、患者の療養先の決定に協力する

・集合契約とは別に、「診療・検査医療機関(仮称)」に指定された医療機関は日々の受診者数や検査数、陽性患者についての情報を※2「G-MIS」、※3「HER-SYS」に入力する
 ※2「G-MIS」新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム
 ※3「HER-SYS」新型コロナウイルス感染症等情報把握・管理支援システム

 以上に加え諸事項に関する説明がなされ、その後各地区より活発なご意見を頂戴しました。

 当日の説明事項や質疑応答等については後日、Q&A等の作成を予定しております。

 現在、京都府医師会を通して集合契約を結ばれている医療機関におかれましては、今後京都府から「診療・検査医療機関(仮称)」として指定の案内があります。医療機関名の公表はございません。

 「診療・検査医療機関(仮称)」に指定されますと今後は国から直接、各医療機関へPPE等の配布等の支援が行われます。
 従って、京都府が各医療機関情報に加え、診療・検査対応時間等の把握を必要とすること、また上記「G-MIS」や「HER-SYS」入力等についての説明も必要とすることから、10月下旬から11月上旬の間に京都府による研修会の開催が予定されています。

 会員の皆様には今後も京都医報や会員メーリングリスト、FAX情報等を利用して情報を伝えてまいりますのでご確認いただきますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【新型コロナウイルス感染症関連情報 第14報】
https://www.kyoto.med.or.jp/info/wordpress/wp-content/uploads/2020/10/6a4606e7aab9b61b1ea8ea5f5d3f5e1d.pdf

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

「鼻腔拭い液」を用いた検査体制および「診療・検査医療機関(仮称)」への補助金等について

 会員の皆様におかれましては平素より大変お世話になり、誠にありがとうございます。

 さて、新型コロナウイルス感染症に係る行政検査について、近日中にPCR検査、抗原検査の検体として「鼻腔拭い液」が追加認可される見通しです。

 このことにより現在、唾液を用いたPCR検査について集合契約を結ばれている医療機関においてもインフルエンザ流行期における発熱者に対する検査体制が大きく変わる可能性がございます。

 また、これら医療機関について、国の『発熱患者の外来診療・検査体制確保事業』による補助金の交付や個人防護具の配布対象となるために「診療・検査医療機関(仮称)」として、都道府県による指定が必要となることから、府医といたしましては会員の皆様に混乱なくご対応いただけるよう、京都府と協議を続けているところです。

 これらの詳細につきまして、急ではございますが10月7日(水)に京都府を交えて「地区医師会長・感染症対策担当理事合同会議」を開催し、今後の方針をお示しすると共に、地区の会員皆様への周知をお願いしたいと考えております。

 ご担当の先生方におかれましては大変恐縮ではございますが、ご参加のほど宜しくお願いいたします。ご欠席の場合は代理の方によるご参加をお願いいたします。

 会員の皆様におかれましては引き続き本会のメーリングリストや京都医報のほか、ご所属の地区医師会からの会議報告等にご留意いただきますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

宿泊療養 ~京都平安ホテルは一旦閉所~

 7月25日からホテルヴィスキオ京都において宿泊療養が再開しました。8月3日から地区医師会(下西・下東・伏見)のご協力をいただき、府医役員と地区医師会の先生との組み合わせで出務していただきました。

 一方、京都平安ホテルは施設の点検・整備を済ませて8月21日より再開され、内科医会のご協力を得てご出務いただきました。

 9月からは、全ての京都府医師会員に両ホテルの健康管理医として出務をお願いさせていただき、ホテル再開以来、のべ300名を超える入所者の健康管理に多大なるご協力をいただきました。深謝申し上げます。
 
 9月に入って新入所者が減少し、京都平安ホテルは9月17日をもって一旦閉所となります。以降はホテルヴィスキオ京都を中心に運用する予定です。第3波、第4波に向けて府医会員のご協力を引き続きお願い申し上げます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

新型コロナウイルス感染症の軽症患者に係る健康管理について(お願い)

 平素は本会の運営に多大なご協力をいただき誠にありがとうございます。

 京都府における新型コロナウイルス感染症の軽症患者の宿泊施設療養につきましては、4月15日より平安ホテルで開始され、本会役員が療養者の健康管理をしておりましたが、5月には2か所目としてホテルヴィスキオ京都が開始されたことから、下京東部、下京西部、伏見医師会および京都内科医会のご協力も得て、療養者の健康管理事業を滞りなく運営してまいりました。

 5月末には一旦感染者の増加が落ち着き、宿泊療養も休止していましたが、6月末から現在に至るまで継続的に感染者が発生し、2か所の施設療養が再開されている状況で、本会役員だけでなく上記地区医師会、内科医会の先生方にもご協力いただいているところです。

 つきましては、9月以降も宿泊療養が続く見込みのため、京都市内の地区医師会の先生方にも多数の出務を賜りたく、ご協力をお願いしたいと存じます。

 なお、すでにご協力いただいている3地区医師会の先生方にも改めてご案内させていただきますので、一層のお力添えをお願いいたします。

 地区医師会へお願い文と別紙承諾書をお送りいたしますので、府医保険医療課までFAX(075-354-6097)でご返信いただけましたら幸甚に存じます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

京都府における宿泊療養の近況について

 新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い軽症者の宿泊療養は更に増えることが予想されます。

 そのような最中でありますが、宿泊先となる京都平安ホテルで急遽、点検整備・清掃が行われるとのこと、8月7日から18日までの間の宿泊療養はホテルヴィスキオ京都のみでの受け入れとなるようです。

 今後の療養者増加に備えて、症状の入力に必要なWi-Fi環境の整備やホテルの老朽化に伴う施設そのものの点検・整備が必要との事で、やむを得ない状況のようです。

 入所者は20代を中心とした飲食関係のクラスターから40代、50代、そしてそのお子さん方と年齢層が広がりつつありました。

 入所の経緯も多彩となり、これまで感染者の治療にあたってこられた看護師さんが、咳と呼吸苦を認めながらも「軽症ですので」とけなげに療養される姿には全く頭が下がる思いでした。

 今後も療養者の増加が見込まれる宿泊療養には地区医師会や内科医会の先生方のお力が必要です。
ご協力のほどをどうぞよろしくお願い申し上げます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

府医P C R相談窓口  総相談件数1000件超え

 京都府医師会PCR検査相談窓口の件数が毎日20件前後と増加しております。< >内は、そのうち妊婦の件数です。

7月27日の検査実施 = 17件 < 5 > 
7月27日 チェックシート受付= 26件 < 8 >

27日の受付で相談が累計1000件を突破しました!
27日終了時点で1020件です。検査実施件数は839件となります。
府医会員の先生方のご協力の賜物と感謝申し上げます。

7月28日の検査実施予定は【京都市内会場】 16件  < 8 > 
            【南部会場】   11件  < 3 >
となっております。

[宿泊療養]

 平安ホテルは満床のため、入所はありません。退所は昨日で12名です。
ほとんどの方が無症状、軽症ですが、お1人だけ咳が続く看護師さんが熱発し、注意してまいります。

 25日に開所しましたホテルヴィスキオ京都、初日の入所者は9名(女性1名、男性8名)です。ほぼ20歳代ばかりです。
お1人が毎日、夜間に38度39度の発熱があり、咳も出てきたため26日、病院へ転院されました。

 残り8名はほぼ無症状、軽度の咽頭痛や味覚嗅覚障害の残っている方が半数でした。学生さん、接待を伴う飲食店勤務の方です。

 無症状のまま10日目を迎えますと退所となります。退所予定の1人が37.3度、下痢が出現したため、症状が改善して72時間経過するまで宿泊療養を延長する事を了承いただきました。

 26日の入所者は5名(女性1名、男性4名)、27日の入所者は女性1名(20歳代)です。宿泊療養は増加傾向ですので、今後とも会員の先生方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

本日2つ目の宿泊療養施設が開所

 京都府内の感染者数は毎日10名を超え、平安ホテルへの入所者は毎日増えております。

 20代前半の軽症者、接待を伴う飲食関係の方とその濃厚接触者、小学生、その家族、医療関係者が入所中です。
7月24日の総入所者数は34名です。

 平安ホテルは68室ありますが、Wi-Fiがつながらない部屋や鍵をなくした部屋などもあり、退所後3日間は部屋を空けておき、その後掃除に入りますので、現在はこれで満室となります。

 現在の感染者数の増加から、本日開所のホテルヴィスキオ京都には多数の入所が見込まれます。

 第1波の時と同様に平安ホテルは内科医会、ホテルヴィスキオ京都は下西、下東、伏見の各地区医師会に宿泊療養健康管理医としてのご協力をお願いしております。

 医療崩壊を防ぐために会員の先生方の御協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

感染拡大により宿泊療養者急増中

 7月7日より平安ホテルにおける宿泊療養が再開しました。
最近1週間の京都府内の感染者数は1日10名を超え、7月20日には27名の感染者が出ております。

 最近の感染者は、若い方が多く、平安ホテルへの入所者は7月19日現在26名です。

 ほとんどが20代前半の軽症者、接待を伴う飲食関係の方とその濃厚接触者です。
症状は味覚・嗅覚異常を訴える方が約半数です。

 今後、感染源不明の入所者が増え、年齢層が上がれば有症状者も増えると思われます。

7月25日(土)からホテルヴィスキオ京都における宿泊療養が再開することになりました。

 会員の先生方におかれましては、今後も宿泊療養におけるご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

唾液検体によるPCR検査 7月20日(月)から開始へ

 先般から募集を開始しております唾液によるPCR検査実施医療機関につきましては、7月13日現在で141医療機関から応募いただいております。お申出いただきました医療機関におかれましては、誠にありがとうございます。

さて、ご承知のように京都府においては、7月14日現在、新規陽性患者(7日間平均)が7.86人、感染経路不明者(7日間平均)が2.29人となり警戒基準を超えました。

そこで、検査体制の一層の充実のため、かかりつけ医によるPCR検査(唾液による)の実施について、7月20日(月)を以て一斉に開始することを行政機関と申し合わせました。
応募いただきました医療機関におかれましては、PCR検査実施についてのご準備等、円滑な検査を行うための環境整備を改めてお願い致したく存じます。

 今後も新型コロナウイルス感染症対策の長期化は避けて通れない状況となりつつあります。これからも府医としましては、今回の唾液検体によるPCR検査を始めとして会員各位のご協力を得ながら府民・市民の健康を守るための使命を果たして参りたく存じます。
 
 なお、応募いただきました医療機関名は公表致しませんが、今後、感染状況の変化により医療機関名を府民・市民に公表する必要が生じました際には改めてその旨、お申し出の医療機関にお尋ねさせていただきます。

また、唾液によるPCR検査実施医療機関の募集は引き続きおこなっておりますので、まだ応募されていない医療機関におかれましても、ご検討いただければ幸いに存じます。唾液による新型コロナPCR検査の検体採取方法などは京都医報(令和2年7月15日号)付録をご覧ください。

「唾液を検体とするPCR検査(SARS-CoV-2核酸検出)を受託可能な民間検査機関」
https://www.kyoto.med.or.jp/info/wordpress/wp-content/uploads/2020/07/71696fd173972bf2d97c74b1fb5fa0e6.pdf

「新型コロナウイルス感染症情報「第11報」」
https://www.kyoto.med.or.jp/info/wordpress/wp-content/uploads/2020/07/20200615-vol11.pdf

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム

南部PCR検査センター稼働のご報告

 7月14日(火)、南部(山城北管内)でPCR検査センターが稼働いたしました。

 新型コロナウイルス感染症の新規感染者が再び急増しています。現状について専門家は「野球でいうとまだ2回表で新型コロナウイルス側が攻撃している段階」と、長期戦を想定する必要があると指摘。京都府医師会においても検査体制拡充の準備を着々と進めておりましたが、この度、南部PCR検査センターを開設する運びとなりました。

 従来通りのドライブスルー方式で、コンテナ(冷房完備)の配置や車との動線、備品の配置等、各センターが共通認識のもと運営が出来るよう工夫いたしました。

 当センターは看護師の確保が困難で、出務いただいた先生方お二人に、検体採取と介助業務を交代で実施していただきました。

 検査当日は、折からの大雨で普段なら宇治市内から伏見区を一望できる検査センターからの景色はどんよりとした眺めでした。周辺は急勾配な坂道が多いので、車の誘導にはより一層の注意が必要です。

 綴喜医師会から森岡稔勝会長に出務いただき合計8名の受検者に対して検体採取、介助業務をそれぞれ首尾よくかつ迅速に実施いただきました。「現地視察の段階からここまで短期間に検査センターが立ち上がるのには大変驚いた。今後も出来る限り協力したい」と力強いコメントをいただきました。

 当面は週1回のペースで綴喜医師会および宇治久世医師会の先生方に出務をお願いする予定ですが、感染状況を鑑みてさらなる対応を検討していきます。
 
 つきましてはより一層の会員の先生方のご理解、ご協力こそが何より重要と考えております。引き続きご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

府医新型コロナウイルス感染症対策チーム