制度概要

 本研修制度は、「今後のさらなる少子高齢社会を見据え、地域住民から信頼される『かかりつけ医機能』のあるべき姿を評価し、その能力を維持・向上することを目的」として日本医師会が平成28年4月1日に新設した制度です。
 京都府医師会においても、日本医師会に準じ本制度を同年4月1日より開始しております。
 詳細は、日医作成の資料(ダウンロードはこちら【1/2】【2/2】)をご参照ください。


制度内容

 本研修制度は「基本研修」、「応用研修」、「実地研修」の3段階で構成されています。
 ①基本研修の要件は日医生涯教育認定証の取得。
 ②応用研修の要件は規定の研修会を受講し、応用研修単位の10単位以上取得。
 ③実地研修の要件は地域における規定の活動を2つ以上実施となっています。
 研修要件および応用研修、実地研修の概要は下記をご参照ください。

【日医かかりつけ医機能研修制度 研修要件】
 http://www.kyoto.med.or.jp/info/files/traning-content.pdf
【日医かかりつけ医機能研修制度 応用研修】
 http://www.kyoto.med.or.jp/info/files/application-training.pdf
【日医かかりつけ医機能研修制度 実地研修】
 http://www.kyoto.med.or.jp/info/files/practice-training.pdf





ページのトップへ戻る