「微量採血用穿刺器具の取り扱いについて」等の日本感染症学会他3 学会の見解
日本感染症学会他3 学会の見解

微量採血用穿刺器具および真空採血管ホルダーの再使用にかかる問題については、これまで日本医師会が日本感染症学会に、学術的視点からの見解を発表するように、直接求めてきました。
その結果、7 月18 日に、社団法人日本感染症学会、社団法人日本化学療法学会、日本環境感染学会、日本臨床微生物学会は、医療現場からの要望に応えるべく「微量採血用穿刺器具の取り扱いについて」を作成し、「真空採血管ホルダーの取り扱いについて」を含め、日本感染症学会のホームページに掲載しておりますので、お知らせします。

◆日本感染症学会のホームページ での掲載内容
1.微量採血用穿刺器具の取り扱いについて
2.真空採血管ホルダーの取り扱いについて
3.真空採血管を用いた採血業務に関する安全指針(Ver 2.05)


◆日本感染症学会のホームページ URL
http://www.kansensho.or.jp/news/080717_biryo.html


なお、厚労省が7 月末を予定している、微量採血用穿刺器具の取り扱いに関する調査結果の公表に際して、本会は、日本感染症学会の見解を踏まえ、国民や医療界の不安を最小限にするように配慮するとしております。

| カテゴリー:学術関係 | 2008.07.24, Thursday 10:16 AM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー