片山尾道市医師会長が講演  1月23日の主治医研修会 参加者募集中
平成21年度主治医研修会


さて、昨今の地域住民の地域医療に関するニーズは在宅を中心に多様化しており、国の施策も在宅重視の方向にシフトしています。地域医療・ケアを担う者に今、求められているものは「多職種協働による地域連携」であることは、誰もが認めるところだと思います。
 平成17年に開催したシンポジウムにおいて片山先生から尾道市における地域包括ケアについてご講演いただいて以降、本会でも在宅医療サポートセンターの設立、地域連携パスの共通様式・共通運営方式の主導などの活動を実施し、地域連携の促進が徐々に地域に浸透しつつありますが、さらに発展させる必要があります。
 つきましては、下記の通り平成21年度主治医研修を開催し、片山先生に尾道市での地域連携具体的な方法や厚生労働省が参考にしていった点などについてご講演いただく予定です。高齢者を患者に持つかかりつけ医、病院医師はもちろんのこと、関係職種、自治体職員の方等多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

 日 時 平成22年1月23日(土)午後2時半~4時半
 場 所 からすま京都ホテル (四条烏丸南側)
 内 容 1.主治医意見書記載上の留意点~平成21年度改正点を中心に~
      2.特別講演 「その後の尾道(仮題)」
        尾道市医師会長・片山医院院長 片山 壽

      3.フロアとのディスカッション等を企画中
対象者 京都府医師会員、高齢者を患者に持つ医師、看護師、ケアマネジャー、地域包括支援センター職員、歯科医師、薬剤師、行政職員等
後 援 京都府病院協会、京都私立病院協会、京都府訪問看護ステーション協議会、京都府介護支援専門員会、京都市地域包括支援センター・在宅介護支援センター連絡協議会、京都府歯科医師会、京都府薬剤師会 (いずれも予定)
 申込方法 京都医報12月1日号付録の申込書または任意の用紙に、勤務先(医療機関名)、電話番号、FAX番号、参加者氏名、職種を記入の上、1月16日までにFAXまたは郵送にて京都府医師会地域医療課までお申込み下さい(FAX 075-312-3710)。
※駐車スペースに限りがございますので、公共交通機関にてお越し下さい。
※万が一満員でご参加をお断りしなければならなくなった場合のみご連絡差し上げます。


| カテゴリー:介護・在宅ケア関係 | 2009.12.08, Tuesday 03:38 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー