新型コロナウイルス(COVID-19)関連

HER-SYSシステムのマニュアルについて

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム(HER-SYS)については、厚生労働省によるHER-SYSの利用方法に関するオンライン説明会の要点をまとめた【動画】および、【HER-SYSユーザー操作マニュアル】が作成され、日本医師会ホームページ(メンバーズルーム)に掲載されました。

本マニュアルについては、一般への周知は想定していないことから、活用に当たっては配慮をするよう求めておりますことを申し添えいたします。

つきましては、会員各位におかれましても本件についてご了知頂きます様お願い申し上げます。

メンバーズルームのID/パスワードにつきましては、下記の通りです。

◆会員ID
日医刊行物送付番号の10桁の数字(半角で入力)です。
(宛名シール下部に印刷されている10桁の数字です)。
◆パスワード
生年月日の「西暦の下2桁、月2桁、日2桁」を並べた6桁の数字です(半角入力)。
例)「昭和37年(1962年)2月4日生まれ」の場合→「620204」になります。

【動画】
日医メンバーズルーム →映像配信(講習会・研修会等) →新型コロナウイルス感染症関係 →厚生労働省主催「HER-SYSの利用に関するオンライン説明会」説明動画
https://www.med.or.jp/japanese/members/flv_movie/20201120her-sys/

【HER-SYSユーザー操作マニュアル】
https://www.med.or.jp/japanese/members/flv_movie/20201120her-sys/manual_201203.pdf

新型コロナウイルス感染症に関する検査の検体採取動画の公開について

今般、厚生労働科学研究事業において、唾液及び鼻腔の検体採取動画が作成され、東北大学の研究班ホームページ(下記URL参照)にて公開されましたので、情報提供いたします。

つきましては、会員各位におかれましてもご了知頂きます様、お願い申し上げます。

<新型コロナウイルス検査のための検体の採取法>
http://www.tohoku-icnet.ac/covid-19/mhlw-wg/index.html
(東北大学大学院医学系研究科総合感染学分野ホームページ)

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第2版)」 の発行について

検体の取扱い法や、検査時の注意点を更新し、インフルエンザ流行期にはCOVID-19検査とインフルエンザ検査の両方を行うことが推奨された「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第2版)」が作成されましたので、お知らせ致します。下記URLよりご覧ください。

 なお、京都府医師会のホームページ【新型コロナウイルス関連特設サイト】の【医療機関向け資料】でもご覧いただけます。

<新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第2版)>
https://www.kyoto.med.or.jp/covid19/pdf/12.pdf

「発熱外来診療体制確保支援補助金の申請について(インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業)」にかかる日本医師会への交付申請書等作成依頼書のご案内等について

 令和2年度インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援補助金の申請については、その入力作業が難しいというご意見があり、日本医師会が対応されることとなりましたので下記PDFをご参照下さい。

「発熱外来診療体制確保支援補助金の申請について( インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業)」にかかる日本医師会への交付申請書等作成依頼書のご案内等について(PDF)

新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その29)

 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、臨時的な診療報酬の取扱い(その29/10月30日付)が示されましたので、お知らせします。(下記PDFをご参照ください。)
 診療・検査医療機関の指定を受けた医療機関における時間外加算等の取り扱いについて示されており、具体的には、現在届出している診療時間以外に発熱患者対応の外来時間を確保し、対応した場合に応需体制の有無にかかわらず時間外等の加算が算定できるものです。なお、診療時間内で対応する場合の夜間・早朝等加算については従来通りの取り扱いです。

 新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その29)<PDF>

地域の医療機関向けマニュアルの送付とHER-SYSに関 する操作説明会のご案内

 次のインフルエンザ流行に備え、『診療・検査医療機関(仮称)』としての役割を担う医療機関におかれましては、HER-SYSを活用していただくことが想定されますが、これまでより更に簡略化した入力マニュアル(HER-SYS簡易操作マニュアル)が厚生労働省より発出されましたので下記URLをご参照頂きますようお願い申し上げます。

 また、HER-SYSの利用方法に関するオンライン説明会を下記のとおり開催されますので併せてご案内申し上げます。

 なお、次のインフルエンザ流行に備えて、京都府が整備を予定している『診療・検査医療機関(仮称)』においては、新型コロナウイルス感染症患者に係る発生届等について、インターネットを介してHER-SYSを用いた報告が必要になりますことを申し添えます。

【事務連絡】地域の医療機関向けマニュアルの送付とオンライン説明会開催のご案内について(HER-SYS関係)
https://www.kyoto.med.or.jp/info/wordpress/wp-content/uploads/2020/10/11dea93a15bd921b51282a9ee00ccbbf.pdf

HER-SYS簡易操作マニュアル10月2日
https://www.kyoto.med.or.jp/info/wordpress/wp-content/uploads/2020/10/188fc94cc24eb79ad1cbc68a40137c1b.pdf

<重要>新型コロナウイルス感染症の感染症法上の運用の見直しに伴う各種通知・事務連絡について

本日、厚生労働省から下記URLのとおり通知がございましたので取り急ぎお知らせします。

<通知の内容>
1.入院の勧告・措置の対象は以下の者に限定(令和2年10月24日施行)
 (1)65歳以上の者、呼吸器疾患を有する者その他の厚生労働省令で定める者
 (2)上記(1)以外の者であって、当該感染症のまん延を防止するため必要な事項として厚生労働省令で定める事項を守ることに同意しない者

2.疑似症患者で入院を要しないと認められる場合は、発生届は不要(令和2年10月14日施行)

<各URLをご参照下さい>
【施行通知】
入院措置運用見直し (1)

【施行通知】
疑似症届出見直し (2)

【事務連絡】
「HER-SYSを活用した感染症発生動向調査について」の改正について

【事務連絡】
HER-SYSを活用した発生動向調査QA

【事務連絡】
新型コロナウイルス感染症の感染症法の運用の見直しに関するQAについて