第13回 京都府医師会 医療安全シンポジウム 開催のお知らせ
第13回 京都府医師会 医療安全シンポジウム
「なぜ、すれ違う 患者の立場 医者の立場 part?」


 府医では、府民と医療関係者が、より安全な医療の実現に向けて共に考える場として、年1回、医療安全シンポジウムを開催しております。この度、第13回医療安全シンポジウムを下記のとおり開催いたしますので、多数ご参加ください。申し込みは不要ですので、ご参加いただく場合は、当日、会場へお越しください。

  日 時  平成28年4月24日(日)午後1時30分〜午後4時

  会 場  京都府医師会館(JR二条駅東ロータリー南隣)3F310会議室

  メインテーマ  「なぜ、すれ違う 患者の立場 医者の立場 part?」
  協議テーマ    ?医療の現場と認知症
          ?医療の不確実性について考える

             ※テーマについては、追加・変更となる場合がございますので、ご了承ください。
 「いつまでも健康で長生きしたい」患者と医者の願いは同じです。同じ目的のために協力する両者の間で「すれ違い」が生まれるのは、なぜでしょうか。患者には患者の、医者には医者の言い分があります。今回のシンポジウムでは、過去のシンポジウムで活発な議論が繰り広げられた「すれ違い」をテーマに、現在、社会問題となっている「認知症」などの事例を取り上げ、それぞれの立場の違いについて、一般参加者の意見を積極的に伺い、一緒に考えたいと思います。

  演 者  山口 育子 氏(ささえあい医療人権センターCOML 理事長)
       岡田 英子 氏(医仁会武田総合病院 医療安全対策室 室長)
       勝本 孝子 氏(洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部 訪問看護事業課長)
       竹中 織恵 氏(居宅介護支援事業所管理者)
       芦田 豊実 氏(認知症の人と家族の会 京都府支部 世話人)
       谷川  徹 氏(京都府医師会 医療安全対策委員会 委員)
       岡田  隆 氏(京都府医師会 医療安全対策委員会 委員)

  座 長  依田 建吾 氏(京都府医師会 医療安全対策委員会 委員長)

  定 員  先着300名(入場無料)

  対 象  一般市民、医療関係者


 ※ご来館は公共交通機関にてお越しください。
 ※本シンポジウムは「医療に係る安全管理のための職員研修」指定講習会です。
  受講された医療機関には修了証を発行します。
 ※日医生涯教育講座
  ?単位2単位 
  ?カリキュラムコード:2.医療倫理:臨床倫理、4.医師−患者関係とコミュニケーション、
             7..医療の質と安全、29.認知能の障害

        チラシはこちら


| カテゴリー:医療安全 | 2016.04.07, Thursday 03:45 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年01月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー