サイトマップ キーワード検索
文字サイズ
京都府医師会員のみなさま
地区庶務担当理事連絡協議会抄録
京都府医師会・月間日程
学術講演会案内
各種講演会ビデオ視聴
糖尿病対策
産業医・スポーツ医関連
がん登録
医療安全対策
ORCA・日レセ情報
介護保険情報
臨床研修関連〜京都府「絆」ネットワーク
在宅医療サポートセンター
京都府医師会・医師バンク
京都医報
京都府医師会入会案内
医療情報センター(図書コーナー)
京都府市民のみなさま
HOME > 医療安全対策 > 平成17年度 第12回 議事録

医療安全対策

平成17年度 第12回 議事録

H17.7.11
京都府医師会 第12回医療安全対策委員会開催
 平成17年7月11日、京都府医師会館において第12回医療安全対策委員会小委員会Bが開催された。
 山木委員長より開会にあたり委員交替の報告があり、新委員の野々村委員が挨拶された。
 最初の議題である内服薬に関するトラブルについて議論がなされた。橋本副委員長から薬のトラブルは開業医にも結構あると考えるが、2002年3月に京都私立病院協会が発行した医療安全対策マニュアルから薬に関する部分を説明、その上で具体性に欠ける点を考慮し、各委員が事例を執筆し医報にシリーズ化して掲載していけばどうかと提案された。
 
 行政からは、薬に関する問い合わせについては、情報提供の内容が多く薬剤師が対応している事例が報告された。また各委員からは、各々の所属する医療機関での実態や対応の事例報告があり、病院と診療所では起こりうるトラブルにかなりの違いがある事が報告された。また参考事例として診療所向けに、どの様にしてフィードバックして行くかについて議論がなされ、山木委員長より色々意見を聞いていると各委員とも事例をお持ちの様であるので、一件ずつ執筆してもらい、医報の「他山の石」に掲載をしていけばどうかとの提案が出され承認された。また橋本副委員長からは掲載は医療安全対策委員会として出して欲しい旨の要請があった。また執筆にあたっては小委員会Bの委員は必ず執筆してもらい小委員会のA委員は任意としたいとの意見が出された。最終的に原稿の依頼・掲載方法については府医の理事で決定していく事になった。
 
 続いて会員向けの講習会開催に関しての議題について議論がなされた。橋本副委員長より開催に関して日医の医賠責保険のシステムについて、会員に対してもう少し詳しく周知する必要があるので講習会と合わせて説明の機会をもうけたらどうかとの提案が出され、それに対して大藪理事より今年度中に開催したいと述べられた。
 
 その他奥田委員から再度、「医師の心得7カ条」について府民・市民に広く知らしめて欲しいとの要望がだされた。山木委員長からは、小冊子は7/15号の医報に同封して全会員には配布する。また来年の医療安全シンポジウムで来られた方には小冊子を渡す事になるので、周知されていくことになるのではないかとの考えが示された。また齊藤委員からは、「医師の心得7カ条」は将来京都府医師会が医療安全宣言を考える時、盛り込むべき性質のレベルのものであり、委員会のレベルの問題ではないとの意見があった。
 
 山木委員長からは、この問題については理事の方に引き続き検討いただくことにしたい。最後に本日第3回の医療安全シンポジウムの開催に関するアンケートをお配りしているので、ぜひ活発なご意見を頂戴したいと締めくくられた。
 
 次回の医療安全対策委員会は、9月12日に全体会議の開催を確認し終了した。
▲このページのTOPへ戻る
戻る