サイトマップ キーワード検索
文字サイズ
京都府医師会員のみなさま
地区庶務担当理事連絡協議会抄録
京都府医師会・月間日程
学術講演会案内
各種講演会ビデオ視聴
糖尿病対策
産業医・スポーツ医関連
がん登録
医療安全対策
ORCA・日レセ情報
介護保険情報
臨床研修関連〜京都府「絆」ネットワーク
在宅医療サポートセンター
京都府医師会・医師バンク
京都医報
京都府医師会入会案内
医療情報センター(図書コーナー)
京都府市民のみなさま
HOME > ORCA・日レセ情報

ORCA・日レセ情報

京都府でORCA日レセをサポートしている日医認定サポート事業者

日本医師会は会員がORCA日レセ導入する際に利用するサポート事業者(ベンダー)のレベルを一定以上とするため認定制度を導入している。また京都府医師会では独自にこの認定事業者に対して、万が一事業撤退の際などに会員に迷惑をかけないよう府医会長に対しての誓約書を提出していただき、この業者名のみを府医として紹介している。

ORCAプロジェクトとは?

ORCAプロジェクトとは、医療情報ネットワーク推進委員会にて「医師会総合情報ネットワーク構想」(1997年 情報化検討委員会)を構成するツールの一つとして認められた日本医師会の研究事業プロジェクト。

【概要】

全国の医師、医療関係機関が誰でも無料で使え、改良できる公開ソフトウェア(オープンソース)方式でプログラムを配布。
 
・ネットワークを用い、情報の配信、蓄積、点数改正などに対応できる
・下記のシナリオにあわせ、ネットワーク技術とソフトウェア公開されていく
1.医療のIT(Information Technology)化を日医主導で進め、政策提案の元となる情報を収集するには、医療機関を結ぶコンピュータのネットワークが必要
2.上記の実現にはセキュリティの高いネットワークと各医療機関に端末が必要
3.端末への付加機能としてニーズの高いソフトウェアを開発、無償公開して普及を図る
4.その結果医療情報交換の効率化と標準化が進み、国民医療が改善する

【日医標準レセプトソフトを公開】

 現在、全国約10万箇所の医療機関の8割以上が、毎月の診療報酬を請求するため、専用コンピュータ(レセコン)を使用していう。このレセコンは、主に民間企業主体で開発・販売され、メンテナンス費用を含めると、高いものでは700万円から800万円、安いものでも300万円から400万円の投資が必要であった。また、それぞれの企業が独自に開発を進めた結果、データの形式にほとんど互換性がなく、ネットワーク化も進んでいない。
 そこで日本医師会では、医療のIT化、医療情報の標準化を進めるためにORCAプロジェクトを立ち上げ、その1つの手段として、ネットワーク端末としても利用できるレセコンの開発に着手してきた。そして、これを日本医師会独自のものにおしとどめることなく、国民に良質の医療を提供するため、広く一般に利用できるよう公共財的な位置付けで、このプログラムを公開した。
▲このページのTOPへ戻る