京都府医療トレセン「救急初療プライマリ・ケアコース」開催のお知らせ
  京都府医師会 京都府医療トレーニングセンター
   T&Aプライマリ・ケアコース「救急初療プライマリ・ケア」のお知らせ



■京都府医師会 T&Aプライマリ・ケアコース(救急初療プライマリ・ケア)を2011年11月23日(水曜日・祝日)京都府医師会館内「京都府医療トレーニングセンター」にて開催いたします。

●コース内容:T&Aプライマリ・ケアコース(救急初療プライマリ・ケア)
       1.オリエンテーションと講義「コース目的、救急初療とトリアージ」
       2.診療所での救急初療
       3.診療所でみるショック、胸痛、発熱・頭痛
       4.在宅でみる なんとなく変


●日 程:2011年11月23日(水)午後1時〜5時

●場 所:京都府医師会館5階「京都府医療トレーニングセンター」

●受講資格:京都府医師会会員

●募集期間:10月1日(土)〜10月14日(金)までといたします。
 受講決定につきましては、10月末日をめどに、詳細をメールで連絡いたします。

●受講者数:6名×3グループ=18名
見学:参加可能(講義室でのモニター見学)
 
●受講料:5,000円(テキスト資料代含む)
     ※受講料は前払いとし、受講者決定後に振込先を連絡いたします。
     ※見学者は無料

●申込先フォームURL:
 (パソコン)https://ssl.formman.com/form/pc/JpJfpmjNSAt4OKE3/
 
 (携  帯)https://ssl.formman.com/form/i/JpJfpmjNSAt4OKE3/

●お問い合わせ
  名 称:社団法人京都府医師会京都府医療トレーニングセンター担当 森 治郎
  所在地: 〒604-8585 京都市中京区西ノ京栂ノ尾町3−14 3階
       TEL 075-354-6113
       fui-toresen@kyoto.med.or.ip までお願いいたします。

 ※注1.選定にあたって受講者多数の場合は、地域や病院でバランスに配慮して選考させていただきます。


■京都府医療トレーニングセンターとは
 京都府医師会では、医療・介護・福祉に関する生涯教育の一環として、従来の講習や座学だけでなく、シミュレーション・ラボを用いて、知識・技術などすべての医師に必要とされる様々な技能や新しい手技の獲得と修練に資するため、医学生はじめ研修医、病院勤務医、開業医、看護師、コ・メディカルならびに在宅医療の推進に向けて、医療従事者や介護関係者や家族が医療的ケアを学べるよう、更に、開かれた医師会として、一般府・市民にも初歩的な救急処置を学んでいただけるような訓練ができる場所として、全国の医師会に先駆けて「京都府医療トレーニングセンター」を京都府医師会館内の5階に本年4月より開設いたしました。
 トレーニングセンターには、講義室(45名収容)をはじめ、4つのシミュレーション・ラボ室を備えており、急変対応、救急処置(心肺蘇生法、ICLS、BLS、ACLS)ならびに在宅医療の介護関係者や家族が医療的ケアを学べるよう、人形モデルで再現し、実際に体験していただきます。


■救急初療プライマリ・ケアコース 〜動きながら考える〜
 【コースの背景】

 診療所や救急外来には様々な主訴、様々な疾患の患者さんが日々多数訪れます。症例によっては、初期診断から初期治療介入まで迅速に行わなければ、生命に危険があるもの、機能予後を左右するものがあります。この急変初療プライマリ・ケアコースでは診療所または在宅で発生した致死的疾患を頻度の高いものから順に選びました。致死的疾患・状態のサイン(本コースでいうシビア・サイン)を見極め、後方病院に転送するまでの20分間をスムーズにマネージメントすることを目標にしています。



| カテゴリー:府医トレセン | 2011.10.03, Monday 09:30 AM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー