「今の医療、こんなんで委員会」第8回公開委員会のお知らせ

京都府医師会「今の医療、こんなんで委員会」

第8回公開委員会のお知らせ

“生と死への関わり方”
〜老いをささえる家族の覚悟〜


 京都府医師会「今の医療、こんなんで委員会」では、第8回公開委員会を下記の日程で開催いたします。
 「今の医療、こんなんで委員会」では、医療・介護関係者、一般府市民、マスコミ関係者などが集まり、医療・介護の現場で起こっている色々な問題点を、それぞれの立場からざっくばらんに語り合うことで、より良い関係を築くための心得(秘策)を探っています。

 昨年の11月20日に開催した「生と死への関わり方」第1部では、〜著しく進歩する医療に問われる倫理観〜をサブテーマに、進歩した医療技術が「生」にどこまで関与して良いのか「体外受精」などの事例を交えながら議論をしましたが、第2部の今回は、集大成として〜老いをささえる家族の覚悟〜をサブテーマに、「死」への関わり方について議論します。
 
 医療の進歩に伴い、平均寿命が延び高齢化が益々進んでいく日本において、高齢者の介護は家族にとって重要な問題です。『在宅で介護する覚悟』『家族の死に向き合う覚悟』『覚悟に至るまでの不安』などの色々な問題点を「終末期を自宅で介護する事例」や「介護施設での事例」を交えながらみんなが共感できる倫理やマナーについて来場者とともに考えます。
是非とも多くの皆さんにご参加いただきますようお願いします。

   ■と  き 平成24年2月26日(日)午後1時〜3時
 
   ■と こ ろ 京都府医師会館 3階大会議室 (JR二条駅東ロータリー南側)

   ■テ ー マ “生と死への関わり方”〜老いをささえる家族の覚悟〜

   ■入場無料 お申し込みは不要です


   ◆問い合わせ先 : 京都府医師会総務課 Tel:075-354-6101(代) Fax:075-354-6074


| カテゴリー:総務関係 | 2012.01.27, Friday 11:07 AM |
東日本大震災支援金募集のご案内
東日本大震災支援金募集のご案内
 

 別掲のとおり,日医としての支援活動に府医としても協力し,会員相互扶助の精神に則り,医療関係者(会員)を対象とした新たな支援金を下記のとおりご案内申し上げます。



   支援金の受付方法は下記口座へのお振込をお願いします。
   一口1万円以上のご協力を賜りますと幸甚に存じます。


 受付期間 平成23年6月16日(木)から平成23年8月16日(火)まで

 振込口座 京都銀行 本店 普通 5066651
         ?京都府医師会 支援金口 京都府医師会長 森 洋一

 備  考 1 .京都銀行の協力により,京都銀行本・支店(窓口・ATM)から振込いただきますと,
         振込手数料は無料扱いとなります。他の銀行から振込いただく場合は,誠に恐縮
         ですが,振込手数料は振込人様のご負担となりますので,ご了承お願いいたします。

       2 .本支援金については,現在のところ個人住民税に係る寄付金控除の対象となる
         寄付金取り扱いにはなりません。


| カテゴリー:総務関係 | 2011.06.16, Thursday 01:52 PM |
東日本大震災義捐金中間報告ならびに義捐金の送金について
東日本大震災義捐金中間報告ならびに義捐金の送金について

¥75,766,019−(平成23年6月7日現在)


 会員多数のご協力により,平成23 年6月7日現在,上記金額のご支援をいただいております。義捐金については,平成23 年6月15 日(水)にて募集を終了させていただきました。
集計後に日本赤十字社へ送金させていただくことをご報告させていただきます。

・・・・・・寄付金控除の取り扱いについて・・・・・・

 上記,義捐金は日本赤十字社へ送金いたしますので,寄付金控除の対象となります。
 控除手続きの方法は京都医報7月1日号にご案内いたしますので,ご了知ください。



| カテゴリー:総務関係 | 2011.06.16, Thursday 01:45 PM |
東日本大震災への義捐金のご協力に対する御礼とお詫び
東日本大震災への義捐金のご協力に対する御礼とお詫び

                                                            京都府医師会  
会長  森  洋一

 この度,3月11 日に発災いたしました東日本大震災に対し,府医におきましても災害対策本部を設置するとともに,その被害の甚大さに鑑み,早々に義捐金協力をお願いいたしましたところ,会員各位からは多大なるご厚意を賜りましたこと,心より御礼申し上げます。
 当初,義捐金は日医を通じて被災県に配布されるとし,寄付金控除などについての対象とはならないということでご協力をお願いしてきたところであります。現状,7千万円を超えるご寄付をいただきました。日医もその被害の大きさに鑑み,今回の義捐金は当然被災県全体への支援としてなされるものと認識し,府医としてもそのようにお願いし,周知してまいりました。しかし,日医を通しての義捐金は,被災し住居や勤務先を失うなどの被害に遭われた岩手県,宮城県,福島県内の医師,ならびに福島第一原子力発電所の事故により定められた避難区域内等に住居や勤務先がある医師のうち,避難した先の避難所や救護所において無償で診療に携わっている方への支援として,当該行為への対価として支払われる方針であること,また次の段階の支援策としては,被災した診療所を中心に建設への補助や医療機器整備への補助が検討されていることが判明いたしました。
 今回,全国から派遣されましたJMAT(日医災害医療チーム)による医療支援は,府医として当然の活動であります。日医としても同様に,当然被災者への復興支援,生活援助に対する支援をなされるものと考えておりましたが,今後も被災者への幅広い援助というものについては検討されていないということであります。
 一方で,府医会員から預かりました義捐金につきましては,私の認識も,会員の皆様の認識と同様,被災県全体への社会的な支援としての義捐金と考えておりましたので,医療機関窓口にも募金箱の設置をお願いし,患者さんや職員,またそのご家族からもご芳志をいただいてまいりました。
 以上のことを考慮して,府医では今回,6月15 日までにいただきました義捐金につきましては,一括して日本赤十字社へ寄付を行うことといたしました。したがいまして,今回の寄付金は控除の対象となります。控除の手続きをご希望される会員様につきましては,その方法を京都医報7月1日号に掲載いたしますので,ご覧ください。
 また,今回の大震災において,宮城県,岩手県,福島県をはじめとして多くの医療機関が甚大なる被害を被っておられ,日医としての支援活動に対し府医としても,明日は我々も同様の被災をする可能性も否定できず,当然会員相互の被災援助,支援をしていかなければならないと考えます。府医としての援助も行ってまいりますが,三県の被害のみならず,青森県,茨城県などの被害状況を勘案し,会員各位には相互扶助の精神に則り,医療関係者として新たな支援金への援助をこの医報の誌面を以て,申し訳ありませんがお願い申し上げます。
 この支援金につきましては,6月16 日以降8月16 日までを期限として,府医会員のみから募集いたしますので,一口1万円以上のご協力を重ねてお願い申し上げます。諸般の事情を勘案し,宜しくお願い申し上げます。



| カテゴリー:総務関係 | 2011.06.16, Thursday 01:41 PM |
京都府医師会における「節電対策」の実施について
京都府医師会における「節電対策」の実施について

 京都府では、5月31日に「京都府省エネ・節電対策連絡会議」が開催され、府医を含む府内の自治体、経済、医療、福祉などの21団体が参加のもと、各分野においてピーク時の電力使用量10%削減を目指す方針(下記参照)が合意されました。
 府医においてもこの合意に基づき、例年実施しているクールビズ等による地球温暖化防止対策に加えて、?全館のエアコン設定温度を28度に統一(集中コントロール)?昼休み時間の事務局照明および一部廊下・ホワイエ等の照明の消灯?エレベーター1基の運転を休止−をはじめとした節電対策に取組むこととなりました(京都医報平成23年6月1日号参照)。
 会員各位におかれましても、下記をご参照のうえ、京都府における省エネ・節電の推進にご理解を賜り、医療提供体制等に支障のない範囲でご協力いただきますようお願いいたします。


【参 考】

京都府における省エネ・節電の推進について(申し合わせ)

平成23年5月31日
京都府省エネ・節電対策連絡調整会議

 
  3月11日に発生した未曾有の大震災により、東日本では今夏の電力供給力不足が深刻な事態となっており、また、浜岡原発の運転停止に伴う中部地方での電力供給不足も懸念される中、今後、関西においても電力供給が逼迫する可能性も否定できない。
  ついては、京都府においても各界を挙げて、しっかりと節電に取り組み、省エネ型のライフスタイルへの転換を進めながら、暮らしや産業を守り発展させるため、下記のとおり省エネ・節電に取り組むことを申し合わせる。



 ○関西広域連合において提示された省エネ・節電メニューを参考に、各団体が主体的に、
  ?電気機器の運用改善、?勤務時間等の柔軟な運用、?省エネ型の設備への計画的更新等の取組を
   積極的に推進する。

 ○特に電力需要のピークとなる夏場については、各団体が取組を徹底することとし、夏至(6月22日)から
  秋分(9月23日)までを重点取組期間とし、夏場のピーク時には10%程度の削減を目安に、それ以外の
  期間も5%程度の削減を目安に取り組む。

 ○なお、病院や介護施設などの人命に係る施設及び生産活動や観光施設については、支障のない範囲で
  取り組む。


| カテゴリー:総務関係 | 2011.06.16, Thursday 09:34 AM |
医療広告ガイドラインに関するQ&A(事例集)の追加について
医療法(昭和23年法律第205号)における広告規制については、厚労省により「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告し得る事項等及び広告適正化のための指導等に関する指針(医療広告ガイドライン)」(平成19年3月30日付け医政発第0330014 号医政局長通知別添)が作成され、同ガイドラインに関するQ&A(事例集)が厚労省のホームページに掲載(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/qa.html)されているところですが、今般、その内容が一部追加(Q1−10〜12、Q2−27〜32、Q3−5及びQ5−5)されましたので御了知いただきますようお願いいたします。


●「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告し得る事項等及び広告適正化のための指導等に関する指針」(医療広告ガイドライン)に関する追加Q&A(事例集)【追加部分抜粋】


●「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告し得る事項等及び広告適正化のための指導等に関する指針」(医療広告ガイドライン)に関するQ&A(事例集)【全体版】




京都府医師会 総務課


| カテゴリー:総務関係 | 2011.01.13, Thursday 05:57 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー