【重要】京都府医師会「東北地方太平洋沖地震」対策本部より(その2)
 府医「東北地方太平洋沖地震」対策本部では、本日も対策会議を開催し、下記の事項を決定いたしましたので、お知らせします。
 連日、被災地の甚大な被害が伝えられる中、府医といたしましても迅速かつ有機的な支援活動に尽力してまいりますので、会員各位のご支援・ご協力をお願い申し上げます。


1.被災地への「検視医」の派遣
 本日(3月14日)の対策会議において、府医対策本部からの派遣として、宮城県に「検視医」4名(開業医含む)を、3月15日から2泊3日の予定で派遣することを決定いたしました。
 4名の先生方には、3月15日午前9時30分に府医をご出発いただきます。


2.義援金の呼び掛けについて
 府医では、「東北地方太平洋沖地震」により被災された方々を支援するために、皆さまからの義援金を受け付けいたします。口座名等の詳細は明日(3月15日)確定いたしますので、確定次第、あらためてご連絡申し上げます。


3.被災地支援に係る出務医の募集
 引き続き、下記の要領にて募集いたしますので、会員各位におかれましては、ご協力のほどお願い申し上げます。

 1)「検視医」の募集
  大災害時の検視は、警察官が付き添いのもとでの、圧死、水死、焼死などの判断だけが
  求められるとの事です。

 2)「亜急性期・慢性期診療医」の募集
  今後必要な医師会での対応は、急性期を過ぎた時期の被災者に対する医療体制の確保
  です。大津波で多くの診療所も被災しておられると思います。糖尿病や、高血圧、不眠、
  感冒などの内因性疾患に対する治療が1〜2ヶ月間必要となります。

 【募集要領】
 ・「1)」「2)」ともに、現時点では出向地は未定です。
 ・2泊3日程度での交代制となります。
 ・防寒具・衣類等、身の回り品、ご自身用の医薬品等につきましては、
  ご自身でご用意ください。
 ・食事、寝袋は府医で調達いたします。
 ・傷害保険は府医で加入いたしますが、派遣期間中の所得補償等は各自でのご加入をお願いいたします。

※当該地へのアクセスが確保できませんと話が進みませんので、行政との間でアクセスが
 確保できた場合という条件がつきますが、可能な方の登録をお願いいたします。後日、
 事務局より調整のご連絡をさせていただきます。

※ご応募いただく際には、

 ?「1)検視医」または「2)慢性期医」の種別
 ?氏名
 ?生年月日
 ?地区
 ?常時連絡の取れる連絡先(携帯電話等)
 ?所属医療機関
 ?専門科目
 ?出務可能日程

 を記載のうえ、京都府医師会「東北地方太平洋沖地震」対策本部宛(下記参照)に
 FAXまたはメールにてご連絡お願い申し上げます。

応募用紙はこちら→出務承諾書



【送付先】
 京都府医師会 「東北地方太平洋沖地震」対策本部
             (事務局:地域医療1課)
 〒604-8585 京都市中京区西ノ京栂尾町3-14 
 TEL:(075)354-6109  FAX:(075)354-6097
 mailto:kma26@kyoto.med.or.jp



| カテゴリー:救急・災害関係 | 2011.03.14, Monday 08:30 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー