特別養護老人ホームにおける痰の吸引等の取扱い
今般厚生労働省は、研究会での検討結果やモデル事業を経て、特別養護老人ホームにおいて医師や看護職員と連携・協働した上で、介護職員による口腔内の痰の吸引等を許容する考えを示し、関係各団体へ周知と協力を依頼して参りました。

特別養護老人ホームにて嘱託医として従事されている会員の先生におかれましてはご了知いただきますようお願いします。

詳細は厚生労働省ホームページをご参照下さい。


特別養護老人ホームにおける看護職員と介護職員の連携によるケアの在り方に関する取りまとめについて

| カテゴリー:介護・在宅ケア関係 | 2010.04.27, Tuesday 10:51 AM |
片山尾道市医師会長が講演  1月23日の主治医研修会 参加者募集中
平成21年度主治医研修会


さて、昨今の地域住民の地域医療に関するニーズは在宅を中心に多様化しており、国の施策も在宅重視の方向にシフトしています。地域医療・ケアを担う者に今、求められているものは「多職種協働による地域連携」であることは、誰もが認めるところだと思います。
 平成17年に開催したシンポジウムにおいて片山先生から尾道市における地域包括ケアについてご講演いただいて以降、本会でも在宅医療サポートセンターの設立、地域連携パスの共通様式・共通運営方式の主導などの活動を実施し、地域連携の促進が徐々に地域に浸透しつつありますが、さらに発展させる必要があります。
 つきましては、下記の通り平成21年度主治医研修を開催し、片山先生に尾道市での地域連携具体的な方法や厚生労働省が参考にしていった点などについてご講演いただく予定です。高齢者を患者に持つかかりつけ医、病院医師はもちろんのこと、関係職種、自治体職員の方等多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

 日 時 平成22年1月23日(土)午後2時半~4時半
 場 所 からすま京都ホテル (四条烏丸南側)
 内 容 1.主治医意見書記載上の留意点~平成21年度改正点を中心に~
      2.特別講演 「その後の尾道(仮題)」
        尾道市医師会長・片山医院院長 片山 壽

      3.フロアとのディスカッション等を企画中
対象者 京都府医師会員、高齢者を患者に持つ医師、看護師、ケアマネジャー、地域包括支援センター職員、歯科医師、薬剤師、行政職員等
後 援 京都府病院協会、京都私立病院協会、京都府訪問看護ステーション協議会、京都府介護支援専門員会、京都市地域包括支援センター・在宅介護支援センター連絡協議会、京都府歯科医師会、京都府薬剤師会 (いずれも予定)
 申込方法 京都医報12月1日号付録の申込書または任意の用紙に、勤務先(医療機関名)、電話番号、FAX番号、参加者氏名、職種を記入の上、1月16日までにFAXまたは郵送にて京都府医師会地域医療課までお申込み下さい(FAX 075-312-3710)。
※駐車スペースに限りがございますので、公共交通機関にてお越し下さい。
※万が一満員でご参加をお断りしなければならなくなった場合のみご連絡差し上げます。


| カテゴリー:介護・在宅ケア関係 | 2009.12.08, Tuesday 03:38 PM |
第35回京都医学会のご案内
第35回 京都医学会  [ 統一テーマ: 臓器移植 ]

と  き  平成21年9月27日(日)午前9時~午後3時30分
と こ ろ  京都府医師会館(中京区御前通松原下ル)

ダイヤ午前中      口演演題
ダイヤ12:00~12:30  学術賞・学術研鑽賞表彰
ダイヤ12:30~13:30  特別講演
ダイヤ13:30~15:30  シンポジウム

<特別講演>
〔座 長〕京都府立医科大学移植・一般外科教授  吉村 了勇 先生
「外科学・外科医のありたい姿」
財団法人先端医療振興財団先端医療センター長   田中 紘一 先生
<シンポジウム>
「臓器移植の発展を目指して-脳死移植と生体移植の間で-」
総括者/京都府立医科大学移植・一般外科教授  吉村 了勇 先生
「臓器移植と救急医療」
   京都第一赤十字病院副院長  池田 栄人 先生
*指定発言:「京都府における移植臓器提供を推進する救急医の取り組み」
   第二岡本総合病院外科部長  清水 義博 先生
「腎臓移植および膵臓移植について」 
   京都府立医科大学移植・一般外科教授  吉村 了勇 先生
「肝移植について」 
   京都大学医学部附属病院肝・胆・膵・移植外科教授   上本 伸二 先生
「脳死肺移植と生体肺移植」 
   京都大学医学部附属病院呼吸器外科教授    伊達 洋至 先生


※日本医師会生涯教育講座(5単位)、日本内科学会認定総合内科専門医資格更新講座(2単位)、日本臨床内科医会認定医制度(4単位)、日本産婦人科学会、日本産婦人科医会研修シール、日本小児科学会認定医(3単位)、日本耳鼻咽喉科学会専門医(5単位)認定。

主 催  京都府医師会


| カテゴリー:学術関係 | 2009.09.11, Friday 10:00 AM |
府医在宅医療サポートセンター【お知らせブログ】を開設しました。
 京都府医師会在宅医療サポートセンターでは、この度、ホームページをリニューアルし、【お知らせブログ】を
開設しました。

 【お知らせブログ】では、在宅医療や介護に関する情報を会員だけでなく、看護、介護の従事者の方にも有用
な情報をブログにてお知らせし、速やかな情報発信を行いたいと思っております。


★京都府医師会在宅医療サポートセンター:ホームページ
 http://www.kyoto.med.or.jp/member/support/index.html


★京都府医師会在宅医療サポートセンター:【お知らせブログ】
 http://www.kyoto.med.or.jp/member/support/info/index.php


 今後、皆様方のご意見を取り入れて補充・拡充し、よりよい形を目指していきたいと考えておりますので、
ご意見やご感想がございましたら京都府医師会までメール tiiki15@kyoto.med.or.jp または
FAX(075)315-5290にてお知らせ下さい。


京都府医師会 地域医療課


| カテゴリー:介護・在宅ケア関係 | 2009.09.01, Tuesday 01:44 PM |
第35回 京都医学会
演題募集の締切を7月末日まで延長しました!!
=皆様のご応募を心よりお待ちしております=

・発表形態
(1)口演演題
  *統一テーマにとらわれることなく、幅広い診療科、分野からの応募をお待ちしております。
  *口演は全てパソコン発表のみとさせていただきます。
  *今回から動画を使用した発表を可能といたします。
  *発表は全てパソコンによるスライドで、10枚まで。
  *発表時間:5分間
(2)ポスターサロン
 日頃の診療の中で体験された貴重な例について、口演演題として応募する程のまとまった資料はなくても、ワンポイントで、ポスターとして掲示発表していただくためのものです。

●申込み;基本的にEメール[mail@kodamap.co.jp]にて受け付けます。(Eメールをご使用になられない方は、応募用紙にてお申し込み下さい。申込要領は演題募集要項を必ず参照のうえ、プログラム用抄録の提出をお願い致します)。
動画を使用予定の場合は応募時にお知らせ下さい。
※演題募集要項の詳細については、府医:事務局(学術生涯研修課)までお問い合わせください。
●締切 :7月31日(金)まで
●応募問い合わせ・送付先;〒604-8585 京都市中京区御前通松原下る
   京都府医師会(学術生涯研修課)
   TEL:075-315-5276 FAX:075-314-5042

※詳細につきましては、京都府医師会学術生涯研修課までお問い合わせください。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
第35回京都医学会

統一テーマ 『臓器移植』
と き   平成21年9月27日(日)午前9時~午後3時30分
ところ   京都府医師会館
特別講演  「外科学・外科医のありたい姿」
       財団法人先端医療振興財団先端医療センター長  田中 紘一 先生
シンポジウム「臓器移植の発展を目指して -脳死移植と生体移植の間で-」 
       総括者/京都府立医科大学移植・一般外科教授   吉村 了勇 先生



| カテゴリー:学術関係 | 2009.07.22, Wednesday 04:50 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー