糖尿病診療に関する医療従事者研修会について
京都府健康対策課より、厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室による標記の研修会の案内がありました。

糖尿病診療-最新の動向
-医師・コメディカル向け研修会-

国立国際医療センターでは糖尿病診療に従事されている医師、コメディカルの方を対象に、糖尿病の最新の診療・治療についての研修会を下記の日程・要領で行います。
ご関心をお持ちの方の多数のご参加をお待ち申し上げます(参加費無料)。

◆第3回[東京会場]
期日:平成21年2月7日(土)13時30分~16時
             8日(日)10時~16時
会場:国立国際医療センター 戸山病院 研修棟 5階 大会議室
    (〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1)
定員:150名

申込締め切り:2月5日(木)

◆第4回[大阪会場]
期日:平成21年3月7日(土)13時30分~16時
             8日(日)10時~16時
会場:国立循環器病センター 図書館講堂
    (〒565-8565 大阪府吹田市藤白台5-7-1)
定員:150名

申込締め切り:3月5日(木)

*申込、その他に関するお願い
(1)申込方法:e-mailアドレス dm-inf1@imcj.hosp.go.jp 宛に「研修会参加希望」とのタイトルにてお申し込みください。
   参加申込書(ワード文書)を返信いたします。
   2日続けての参加が原則ですが、1日だけの参加でも構いません。
(2)申込締切日前に定員に達している場合がございますので予めご了承ください。
   締切日以降の事前受付はいたしませんが、定員に余裕があれば当日会場にて受付いたします。
(3)申し込み後、やむを得ずキャンセルをされる場合は、必ず開催日までに
   dm-inf1@imcj.hosp.go.jp 宛にご連絡ください。
(4)第3回、第4 回研修会とも昼食は各自でお取りいただくようお願いいたします。
(5)両会場とも車でのご来場はご遠慮ください。

※お問合せ先:国立国際医療センター 戸山病院
  糖尿病情報センター 「糖尿病 医師・コメディカル 研修会」事務局
  〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1

    e-mail:dm-inf1@imcj.hosp.go.jp
    TEL:03-3202-7181(内線:2161) TEL:03-5273-6955(ダイヤルイン)
    FAX:03-3202-9906

*講義題目・講師
  両会場とも下記を予定しております。講師は都合により変更になる場合がございますので、予めご了承ください。


◇第1日目(東京会場2月7日・大阪会場3月7日)

13時30分~開会の挨拶
13時45分~
「糖尿病診療におけるチーム医療」  国立国際医療センター 戸山病院  岸本美也子
 様々な合併症を引きおこす糖尿病の病態そのものから考えても、糖尿病は複数の診療科および複数の職種による連携、すなわちチーム医療が必要な疾患の最たるものであるといっても過言ではありません。本講義ではおもに国立国際医療センターにおけるチーム医療の実際と糖尿病教育入院パスを紹介し、あわせて今後の糖尿病におけるチーム医療のあり方についてお話しいたします。

14時45分~
「糖尿病とフットケア」   国立国際医療センター 戸山病院  石本洋子
 近年の糖尿病患者の増加から、必然的に糖尿病足病変の増加が予測されます。病変を足潰瘍や足壊疽まで進行 させないようにするためには、予防的フットケアが最も重要です。本講義では国立国際医療センターにおけるフットケアの実際と該当複数科との連携、および今後の問題点についてお話しいたします。

15時45分~閉会の挨拶

16時終了



◇第2日目(東京会場2月8日・大阪会場3月8日)

10時~開会の挨拶
「改正医療法とわが国の糖尿病診療体制」   厚生労働省 担当者
 本年度からの医療制度改革において、糖尿病等の生活習慣病に対する予防対策は改革の大きな柱の一つとなっており、医療保険者に特定健診・保健指導が義務づけられるなど、予防対策の充実と強化が図られています。また、各地域での糖尿病診療計画を、国立国際医療センター等の国の中核機関が支援する体制が導入されており、本講義ではその概要をお話しいたします。

10時30分~
「日本人における糖尿病の遺伝解析と今後の治療戦略」 国立国際医療センター 研究所  安田和基
 わが国のゲノムワイド解析により、日本人で最も重要な新規の糖尿病関連遺伝子「KCNQ1」が世界で初めて同定されました。このように、糖尿病の遺伝素因が徐々に解明されてきており、ハイリスクの個人の同定と予防、各個人の病態の解明、更に新たな治療法の開発などへの道が開かれることが期待されています。本講義では、これらを念頭に置いた糖尿病の治療戦略についてお話しいたします。

11時30分~昼食休憩

12時30分~
「糖尿病診療におけるEBM-方法論と活用法」   東芝病院  能登 洋先生
 糖尿病診療のエビデンスは日々蓄積されており、また、現在ではEBMという言葉も、もはや耳新しいものではなくなっています。しかし、その活用の仕方は必ずしも正しく理解されていないのが現状です。本講義ではEBMについてその基本から応用までを解説し、それをいかに糖尿病診療に適用するかについてお話しいたします。

13時30分~
「地域医療連携パスとは何か」   国立国際医療センター 戸山病院  高橋義彦
 糖尿病診療において地域における医療連携が重要であることは言うまでもありませんが、それを具体化するには多くの障壁があります。本講義では地域医療連携パスとは何であるかを解説するとともに、その地域の状況を鑑みつつ、より円滑に糖尿病の地域医療連携を進めるための基本事項についてお話しいたします。

14時30分~休憩

14時45分~
「カッティングエッヂ-来るべき新薬・新治療と糖尿病の戦略研究(J-DOIT)」
                  国立国際医療センター 戸山病院  野田光彦
 日進月歩ともいうべき糖尿病診療の進展を踏まえ、GLP-1アナログ、DPP4阻害薬、CGMS(continuous glucose monitoring system)、移植医療など来るべき糖尿病の新しい治療をサマライズするとともに、わが国の糖尿病臨床研究を代表するともいえる「糖尿病予防のための戦略研究」の現状とその将来展望についても併せてお話しいたします。

15時45分~閉会の挨拶

16時終了


| カテゴリー:糖尿病関係 | 2009.01.30, Friday 03:34 PM |
医薬品の販売名の類似性等による医療事故防止対策の強化・徹底について
今般、ヒドロコルチゾン製剤「サクシゾン」と筋弛緩剤「サクシン」を誤って投与したことによる死亡事故が発生したことから、厚生労働省医政局長、同医薬食品局長連名により「医薬品の販売名の類似性等による医療事故防止対策の強化・徹底について(注意喚起)」の通知が発出されておりますので、お知らせいたします。

*****************************************
<厚生労働省からの注意喚起>

1.各医療機関における採用医薬品の再確認として、各医療機関において医薬品の採用状況を確認し、事故防止のために採用規格や名称類似品等に関する確認を行い、採用の必要性について改めて検討を願う。
2.医薬品の安全使用等のための方策についての確認・検討として、医薬品の安全使用のための手順書に基づく業務の実施状況及びその方策が有効に機能しているか確認するとともに、内容について改めて検討を行い、従業者に対して医薬品の安全使用のための方策の周知を願う。
3.処方せん等の記載及び疑義内容の確認の徹底として、処方の際には、当該薬剤名を確認し、服用方法及び用量等を処方せん又は紹介状にわかりやすく記載すること。また、注射薬など、別添2に記載の医薬品の処方がなされた場合、疑義等ある場合には処方医に対して疑義照会を徹底して行う等職種間の連携体制の構築を願う。
4.オーダリングシステム等の病院情報システムにおける工夫として、オーダリングシステム等のシステムを導入して処方が行われている医療機関においては、システムの薬剤選択機能は警告画面表示について各医療機関において、リスクに応じた確認方法とするなど誤処方を防止する対策の検討を願う。
5.医薬品の安全使用のために必要となる情報の収集等として、医薬品安全管理責任者のみならず、職種縦断的に情報の収集に努めることを願う。また、「医薬品医療機器情報配信サービス」のみならず、様々な方策の検討をいただき情報の収集に努める事を願う。また、日本医師会ホームページ「患者の安全確保対策室」のページにおいても、「医療従事者のための医療安全対策マニュアル」において、間違えやすい医薬品に係る記載があるのでご参照いただきたい。
*****************************************

なお、日本医師会より、厚生労働省からの上記注意喚起を受けて、オーダリングシステムを利用されている医療機関における対応について通知がなされておりますので、あわせてご確認ください。

1.今回の事故は、特にオーダリングシステム等の病院情報システムに関係することから、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)とオーダリングシステムにおける「処方ミス対策」について、具体的改善策を検討いたしました。その結果、オーダリングシステムには、概ね「麻薬、毒薬であることの表示等」、「効用、効能の表示等」、また一部「警告の表示色変更等」の機能が備わっていることが確認できているので、本会としては、処方ミスを防ぐために、オーダリングシステムの導入業者にこの機能の存在を確認し、この機能の利用をお願いします。
2.日本医師会ホームページ内「患者の安全確保対策室」のページから「処方時に命を守る指さし確認」というチラシをダウンロードすることが出来ますので、薬品の名称が似ているために間違いやすい医薬品のリストを記入いただき、診察室や病棟に掲示するなど、ご活用ください。

■日医ホームページ「患者の安全確保対策室」
http://www.med.or.jp/anzen/manual/menu.html

■参考:「薬剤の名称の類似性等に注意を要する医薬品について」
薬剤の名称の類似性等が指摘されている取り違え等の報告があった医薬品は以下のとおり。
(1) 平成15 年11 月27 日付け医政発第1127004 号・薬食発第1127001 号厚生労働省医政局長・医薬食品局長通知
「医療機関における医療事故防止対策の強化について」の別添

1 誤処方による事故、ヒヤリハット報告があった医薬品名の組み合わせ
・ アマリール、アルマール
・ サクシン、サクシゾン
・ タキソール、タキソテール
・ ノルバスク、ノルバデックス
・ オーダーリングシステム等を採用している医療機関において先頭3文字が同一の医薬品
2 名称類似によると思われる調剤エラーや誤投与のヒヤリハット報告が複数あったもの
・ アロテック、アレロック
・ ウテメリン、メテナリン
・ テオドール、テグレトール
・ プレドニン、プルゼニド
(2) 医療事故情報収集等事業
1 平成16 年10 月~平成18 年12 月までに、医療事故情報等事業に報告された薬剤の名称が類似していることに関連した事例
・ タキソール注射液、タキソテール注(再掲)
・ セフメタゾン静注用、注用セフマゾン
・ ファンガード点滴用、ファンギゾン
・ アレロック錠、アレリックス錠
・ アルマール錠、アマリール錠(再掲)
・ ラクテックD注、ラクテック注
2 平成19 年1 月~平成19 年12 月までに、医療事故情報等事業に報告された薬剤の名称が類似していることに関連した事例
・ ニューロタン錠、ニューレプチル(内服)
・ スロービッド(内服)、スローケー錠
・ ヒルトニン(注)、ヒルナミン(注)
・ フェノバール散、フェニトイン散

| カテゴリー:学術関係 | 2009.01.07, Wednesday 11:51 AM |
▲PAGE TOP
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2009年01月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー