サイトマップ キーワード検索
文字サイズ
京都府医師会員のみなさま
地区庶務担当理事連絡協議会抄録
京都府医師会・月間日程
学術講演会案内
各種講演会ビデオ視聴
糖尿病対策
産業医・スポーツ医関連
がん登録
医療安全対策
ORCA・日レセ情報
介護保険情報
臨床研修関連〜京都府「絆」ネットワーク
在宅医療サポートセンター
京都府医師会・医師バンク
京都医報
京都府医師会入会案内
医療情報センター(図書コーナー)
京都府市民のみなさま
HOME > 医療安全対策 > 平成16年度 第2回 議事録

医療安全対策

平成16年度 第2回 議事録

H16.7.12
京都府医師会 第2回医療安全対策委員会開催される
平成16年7月12日、京都府医師会館において第2回医療安全対策委員会が開催された。
 第2回委員会(府民・市民むけの小委員会A)は「医療安全シンポジウム開催内容」・「医療相談窓口のあり方」の検討を中心に意見交換がされた。
 初めに山内副委員長よりシンポジウムの開催日程と場所について案が出された。検討の中で山木委員長より毎年同じ会場で開催した方が参加される皆さんにとっても分かりやすいとの意見が出され協議の結果、「第2回医療安全シンポジウム」は、平成17年2月5日(土)に昨年と同じ「京都テルサ」テルサホールでの開催が決定した。
 続いてシンポジウムの「テーマ」、「パネリスト」についての事前アンケートにもとづいて各委員より説明があった。個々の意見は様々であるが内容の方向性は共通する部分も多いのでシンポジウムの中身に反映させていくことになった。テーマは、昨年の流れを継承する意味で、「新しい医療安全文化を目指して」を主題とし、副題・パネリストは次回の小委員会A開催が10月になるため、今回の意見を元に副委員長が少人数の会合をもち原案を纏め次回委員会に諮りたいとの意向が示され承認された。
 続いて「医療相談窓口のあり方」の検討が行われた。まず行政が設置することになっている「医療相談支援センター」の現状についての報告と、今後の連携のあり方について意見交換がなされた。
 「医療相談支援センター」は、設置されたといっても十分に機能しているとは言い難い現況にある。電話相談窓口は設けられているが、京都府・京都市を始め全国の都道府県でも「医療安全推進協議会」は設置されていない場合が多いことが報告された。また奥田委員からも京都医療ひろばにも全国の都道府県の支援センターから紹介をされたといって電話相談があり、なぜ行政からの紹介があるのか疑問に感じているとの報告がなされた。
 立入副会長より医療相談支援センターへの関わり方を含め、府医の医療相談窓口のあり方をどの様にするのかの問題については、この委員会で検討いただき色々とこうした方が良い等の要望・アイデアを出してもらい、次の一年で実行に移してもらいたいとの意向が出された。
 最後に山内副委員長より我々は医師としてのプロ集団であるので、この問題についても前向きに取組める様引き続き検討していきたいと締めくくられた。
▲このページのTOPへ戻る
戻る