サイトマップ キーワード検索
文字サイズ
京都府医師会員のみなさま
京都府医師会・月間日程
学術講演会案内
各種講演会ビデオ視聴
糖尿病対策
産業医・スポーツ医関連
がん登録
医療安全対策
ORCA・日レセ情報
介護保険情報
臨床研修関連〜京都府「絆」ネットワーク
在宅医療サポートセンター
京都府医師会・医師バンク
京都医報
京都府医師会入会案内
医療情報センター(図書コーナー)
京都府市民のみなさま
HOME > 医療安全対策

医療安全対策

お知らせ

       

医療安全講演会

 医療安全講演会は、会員医療機関における医療安全体勢の向上を目的として2011年から開催しております。これまでの講師には、医師だけでなく法学者なども招き年2〜3回のペースで開催しております。
令和元年第1回医療安全講演会
 と き 令和元年7月18日(木)14時15分〜16時30分
 ところ 京都府医師会館 3F 310会議室

 内 容
 ○講演〔14:20〜15:20(各20分×3本=60分)〕
  テーマ「医療安全への取り組み」
   講師 1)京都第一赤十字病院 院長             池田 栄人 氏
      2)京都大学医学部附属病院医療安全管理室 室長   松村 由美 氏
      3)京都府立医科大学附属病院医療安全管理部 副部長 中村  猛   氏

 日医生涯教育講座 1.医師のプロフェッショナリズム 0.5単位
          7.医療の質と安全 0.5単位
 新専門医制度における専門医共通講習 医療安全(必修) 1単位

 ○ディスカッション〔15:25〜16:25(60分)〕
  テーマ「医療倫理について考えよう」
   演者 京都第一赤十字病院 院長              池田 栄人 氏
      京都大学医学部附属病院医療安全管理室 室長     松村 由美 氏
      京都府立医科大学附属病院医療安全管理部 副部長   中村  猛   氏
   座長 京都府医師会 医療安全対策委員会 委員長     黒田 啓史 氏

                 〜質疑応答〜

 日医生涯教育講座 2.医療倫理:臨床倫理 0.5単位
          4.医師─患者関係とコミュニケーション 0.5単位
 新専門医制度における専門医共通講習 医療倫理(必修) 1単位

 *お申込 FAXにてお申し込みください(wordPDF
     

医療メディエーター養成研修

 院内医療メディエーター(医療対話仲介者)とは、患者と医療者双方の語りを、いずれにも偏らない位置で、共感的に受け止め、自身の見解や評価・判断を示すことなく、当事者同士の対話の促進を通じて、情報共有を進め、認知齟齬(認知的コンフリクト)の予防、調整を支援する役割を担う人材であり、メディエーター(マインド)を活用することにより、トラブルが訴訟に発展することを抑制する効果が期待できます。府医では会員医療機関における医療安全対策の向上を目指し、毎年、下記の要領で医療メディエーター養成研修会を開催しております。是非、ご参加ください。

日本医療メディエーター協会認定研修「導入編・総論・基礎編」

 日 時  令和元年9月14日(土) 13:15〜17:30
              9月15日(日) 9:00〜18:00
              9月16日(月・祝)9:00〜18:00
 会 場  京都府医師会館(JR二条駅東ロータリー南隣)3F 310会議室

 内 容  コンフリクトマネジメントやメディエーションの理論と技法をロールプレイ形式で学ぶ。

 講 師  杉浦 良啓 先生(敦賀市立看護大学 教授)
       中西 淑美 先生(山形大学医学部総合医学教育センター 准教授)
       ※初日の講師は杉浦先生のみ

 対  象  京都府医師会員および会員医療機関に所属する医療関係者
 定  員  最大 30名
 参 加 費  35,000円(資料代・2〜3日目の昼食弁当代含む)

 申込方法
  参加申込書(裏面)に記入のうえ、7月26日(金)までにFAX(075-354-6074)にてお申込みください。
  申込多数で定員を超えた場合は1医療機関1名を優先し、抽選にて受講者を決定します。
  受講の可否は8月上旬を目処に通知します。
  ⇒申し込み用紙はこちら(wordPDF

 *修了者には受講証明書を発行します。
  希望者は日本医療メディエーター協会(年会費6,000円)へ入会し、認定を受けることが可能です。
       
 ※今年度「フォローアップ研修」の開催はございません。    

本研修会は、診療報酬の入院基本料加算である「患者サポート体制充実加算」の施設基準に規定されている、修了していることが望ましい研修となります。施設基準についての詳細は別途ご確認ください。


■「採血を受ける方へ」ポスター・パンフレット  

 府医では、平成27年3月に「採血を受ける方へ」ポスター・パンフレットを作成・配布し、採血時の注意事項について、患者さんにわかりやすく説明することを推奨しております。  

    
   ↑ポスター(A3)           ↑パンフレット(A4二つ折り/表裏面)


■患者の権利と責務  

 京都府医師会では、患者の権利を尊重するとともに、患者にも一定の責務の自覚を促し、より良い医療の実現を目指していきます。
 平成25年3月、下記の「患者の権利と責務」を制定しました。

           患者の権利と責務

 1.適切な医療を公平に受ける権利
 2.自己の尊厳性を医療の場で尊重される権利
 3.自己の意志に基づいて医療を受ける権利
 4.診断や治療方針について説明を受ける権利
 5.自己のプライバシーが守られる権利
 6.診断や治療方針について他の医療機関の意見を求める権利
 7.自己の健康情報を医療提供者に対して正確に提供する責務
 8.診断や治療にあたって積極的に理解し協力する責務
 9.他の患者や医療者の医療提供の支障とならないように配慮する責務


   ↓ポスター(A4サイズ)の画像もございますので、賛同いただける医療機関は、ご利用ください。
 →ポスターのダウンロードはこちら(PDF)
▲このページのTOPへ戻る

医療安全対策委員会

京都府医師会では平成15年7月から「医療安全対策委員会」を新設しました。
本ページでは委員会での検討状況などを掲載しています。
 過去の議事録はこちら 

医療安全シンポジウム

 過去の議事録はこちら 
▲このページのTOPへ戻る