診療報酬改定「現時点の骨子」に対するパブリックコメント投稿のお願い
平成28年度診療報酬改定「現時点の骨子」に対する
パブリックコメント投稿のお願い

 1月13日(水)、塩崎厚生労働大臣は、中医協に対して、?診療報酬改定率、?「平成28年度診療報酬改定の基本方針」に基づいて、診療報酬点数の改定案を作成するよう諮問し、これを受けて中医協では、「平成28年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(現時点の骨子)」を取りまとめました。
 また、厚労省では「現時点の骨子」についてパブリックコメントを求めるため、14日付けでホームページにその内容を公表致しました。
 つきましては、コメントの締め切りが、1月22日(金)と非常に短期間となっておりますので、内容をご検討の上、必要なコメントをご提出いただきますようよろしくお願い申し上げます。
 現時点の骨子は、平成28年度診療報酬改定の基本方針に沿って項目立てられており、「地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化・強化、連携に関する視点」など4つの視点のもと、かかりつけ医の機能評価や在宅医療の評価方法の変更のほか、入院医療では機能に応じた評価に向けて、7対1入院基本料や療養病棟入院基本料の要件見直し(厳格化)などが示されています。
 このパブリックコメントの内容も踏まえて、最終的な判断がなされることから、集められた意見によっては、非常に大きな意味を持つものと考えられます。
 その他、各検討項目につきましても、反対、賛成を問わず、是非ともご投稿下さいますようお願い申し上げます。

 【募集期限】
 平成28年1月22日(金)〔必着〕

 【厚生労働省ホームページ】
 厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/)⇒ トップ画面右上部の
 国民参加の場 ⇒「パブリックコメント(意見公募)」⇒「その他のご意見の募集等」⇒「意見募集」⇒「平成28年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(現時点の骨子)」に関するご意見の募集について
  (http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p20160113-01.html)


 【投稿方法】
 ○電子メールの場合
 アドレス:kaitei@mhlw.go.jp
 ・メールの題名は「平成28年度診療報酬改定に関する意見」
 ・ご意見につきましては、必ず定められた様式に記入の上、ファイルを電子メールに添付して提出して下さい。
 ・医師会名等ならびにその役職名等は付けず、できる限り個人名、個人アドレスでご送付下さい。

 ○郵送の場合
 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
 厚生労働省保険局医療課「平成28年度診療報酬改定への意見募集担当」宛

  ・郵送による場合も、ご意見につきましては必ず定められた様式に記入の上、提出して下さい。


| カテゴリー:保険医療関係 | 2016.01.14, Thursday 02:59 PM |
「初心者医療事務講習会」開催のお知らせ
◆初心者医療事務講習会受講者募集
11月11日から府医会館で開催


 医療保険事務に関し、受付事務から明細書作成に至るまで幅広く習得していただくため、例年通り初心者を対象として下記の要領で初心者医療事務講習会を開催致しますので、多数ご参加下さい。
 なお、講習内容は主として診療所向けとなりますので、ご了承下さい。

 [期 間]11月11日(水)から11月30日(月)の計8回、午後2時30分〜4時30分
 [会 場]京都府医師会館3階310号室(京都市中京区西ノ京東栂尾町6)
 [対象者]会員医療機関の事務担当者等
 [受講料]4,000円(テキスト代を含む) 第1回目に徴収いたします
 [申込方法]
  11月6日(金)までにハガキまたはFAX(075-354-6097)にてお申し込み下さい。

  お申し込みにあたっては「初心者医療事務講習会参加」と明記の上、医療機関名、医療機関住所、
  電話番号と受講者氏名をご記載下さい。
  申し込み締切後、第1回目の講習日までに受講票をお送り致します。

  ※6回以上受講された方には修了証を発行致します。
  ※当日は車でのご来館は固くお断りいたします。
    本件に関するお問い合わせは保険医療課(075-354-6107)まで
 
     講習日      講習内容
 1 11月11日(水) 開会挨拶、窓口業務、施設基準
 2 11月13日(金) 初診・再診料、医学管理等
 3 11月16日(月) 在宅医療、検査
 4 11月18日(水) 請求事務、請求書の記載要領、公費負担医療
 5 11月20日(金) 投薬、注射、処置、手術
 6 11月25日(水) 社会保障制度の種類と概要、関係法令
 7 11月27日(金) リハビリテーション、画像診断
 8 11月30日(月) 労災保険法、自賠責法、各種健診等、閉会挨拶

  ※なお、各回の講習内容が一部入れ替わることがございますのでご了承下さい。

| カテゴリー:保険医療関係 | 2015.10.26, Monday 10:18 AM |
 医療保険制度改革の骨子を決定
医療保険制度改革の骨子を決定
負担増となるメニューが目白押し


 政府の社会保障制度改革推進本部は1月 13 日,医療保険制度改革の骨子を決定しました。
 骨子では,医療提供体制や医療保険制度の改革を推進し,社会保障の充実を図るため,各年度において必要な予算措置を講ずるとともに,通常国会に関連法案を提出することを明記しています。
 具体的には,入院時食事療養費の自己負担の引上げ,紹介状を持たずに大病院を受診した場合の新たな定額負担(自己負担への上乗せ)の義務化,実質的な保険料負担の引上げなど,広く国民に負担を求める内容となっています。
 今後,更なる議論を経て,詳細な内容が決定する項目もありますが,現時点における骨子の概要について,以下のとおりお知らせします。
 改革の実施スケジュールや進め方などについて下記URLをご参照ください。(京都医報2月1日号(No.2046)保険医療部通信に同内容を掲載しています。)
 なお,医療費適正化計画の見直しとして地域医療ビジョンと整合的な目標を設定することや保険外併用療養の仕組みとして患者申出療養を創設することなども列挙されていますが,これらに関してはあらためて誌面を設けて府医の見解をお示ししたいと考えています。前者については,現在,府医社会保険研究委員会において鋭意検討中であることから,その答申に結論を委ねたいと思います。一方で,後者については,現時点で,制度運用までに整理しておくべきと考えているいくつかの点を指摘しておきます。

         <患者申出療養の創設に関する論点整理>
?保険外併用療養の評価療養の機動性を高めることでも対応が可能であること
?安全性・有効性等の確認と将来的な保険収載への道筋(日医の主張)
?新たに実施する医療機関のレベルの維持と基幹病院との連携
?審査機関の短縮(前例のある医療:2週間,前例のない医療:6週間など)
?スタート地点の違いで運用が異なること(医師からの申し出と患者からの申し出)


  ◆ 医療保険制度改革骨子(5ページ)
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/shakaihoshoukaikaku/pdf/kettei_h270113_1.pdf

  ◆ 医療保険制度改革骨子付属資料(14ページ) 
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/shakaihoshoukaikaku/pdf/kettei_h270113_1_1.pdf

  ◆ 社会保障・税?体改?による社会保障の充実に係る実施スケジュールについて(2ページ)
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/shakaihoshoukaikaku/pdf/kettei_h270113_2.pdf

  ◆ 社会保障の充実・安定化について(15ページ)
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/shakaihoshoukaikaku/dai3/siryou4.pdf




| カテゴリー:保険医療関係 | 2015.02.03, Tuesday 05:03 PM |
 「若手医療ビジョン委員会」 公開委員会のお知らせ
京都府医師会「若手医療ビジョン委員会」
公開委員会のお知らせ
『いま、医師会に求められるもの〜組織率低下がもたらす危機〜』


 府医「若手医療ビジョン委員会」では、『いま、医師会に求められるもの〜組織率低下がもたらす危機〜』と題して、医師会の存在意義、組織率をテーマに、会員(府医非会員の地区医師会員も可)の先生方対象の公開委員会を3月15日(日)に開催することになりましたのでお知らせします。
 「若手医療ビジョン委員会」は、現在の医療を取り巻く諸問題等に関する中堅・若手医師による議論の場として、平成24年度に新たに設置した委員会です。本委員会は会長諮問のない特別委員会となっており、地区医師会、勤務医部会から推薦された原則50歳未満の医師で構成し、毎回委員の選定したテーマに沿ってフリーディスカッション形式で議論が行われています。
 今回、委員会の公開委員会を開催するにあたり、テーマに「医師会の存在意義、組織率」を取り上げました。医師会の存在意義、組織率については、長年の課題であり、これまでから新規会員の加入促進に向けた議論や取り組みを行ってきたところですが、特に勤務医の組織率の向上については適切な方法を見出すことが困難な状況です。このような中、委員からは、組織率低下がもたらす危機感とともに、今後、医師会は開業医と勤務医が融合した医師全体の組織として力を発揮すべきとの意見が出され、現在も熱心な協議が行われています。
 適切な解決方法を見出すことが困難な課題ではありますが、さまざまな年齢層の会員に対して、中堅・若手医師の生の声を発信し、意見交換を行うことで、委員の課題に対する理解の深化のほか、会員の先生方にも若手医師ならではの意見を聴く機会になるものと考えていますので、是非、ご参加ください。
 参加申し込み方法は、下記の『参加申込書』に必要事項をご記入の上、京都府医師会保険医療課までFAX(075-354-6097)にてお申し込みください。

                                記

        若手医療ビジョン委員会 公開委員会
  『いま、医師会に求められるもの〜組織率低下がもたらす危機〜』

 と き:3月15日(日)午後1時30分〜3時30分
 ところ:京都府医師会館 3階 大ホール
 対 象:府医会員
      府医非会員の地区医会員(府医に未加入でも地区医に所属されている医師)
 定 員:150名(無料)


  *お申し込みはこちら⇒『参加申込書』(PDF)

  ※ご来館は公共交通機関をご利用ください

   担 当=京都府医師会保険医療課(TEL:075-354-6107  FAX:075-354-6097)

  

| カテゴリー:保険医療関係 | 2015.02.03, Tuesday 09:27 AM |
小児慢性特定疾病ごとに厚生労働大臣が定める疾病の状態の程度等について
小児慢性特定疾病ごとに厚生労働大臣が定める疾病の状態の程度等について


 児童福祉法の一部を改正する法律(平成26年法律第47号)が1月1日より施行され、小児慢性特定疾病の患者に対する新たな医療費助成制度が開始されることにともない、今般、その対象となる疾病および状態の程度(「児童福祉法第六条の二第一項の規定に基づき厚生労働大臣が定める小児慢性特定疾病及び同条第二項の規定に基づき当該小児慢性特定疾病ごとに厚生労働大臣が定める疾病の状態の程度(平成26年12月18日厚生労働省告示第475号)」(以下、疾病告示という。))が、新たに制定されましたので、お知らせします。
 また、疾病告示の制定にともない、12月18日付で厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長より通知が発出され、医療費助成の支給認定に係る留意事項が示されました。
 各疾病に係る概要、診断の手引きおよび医療意見書(診断書)など詳細については、小児慢性特定疾病情報センターのホームページ(http://www.shouman.jp/)へ掲載されていますのでご参照ください。

| カテゴリー:保険医療関係 | 2015.01.13, Tuesday 03:49 PM |
▲PAGE TOP
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年01月 次月>>
最新の記事
アーカイブ
カテゴリー